筋肉を最短でつけるために筋トレは毎日やった方がいいのか?

筋肉を最短でつけるために筋トレは毎日やった方がいいのか?

こんにちは泰山です💪💪💪

筋トレを始めて間もない方からよく「筋トレは毎日やっても大丈夫ですか?」というご質問をいただきます😎
結論からお話ししましょう!!

全然大丈夫です💪

できることなら最短で理想のカラダを手に入れたいですよね💡。。。僕もそうです😜
そのためにはできるだけ筋トレにかける時間を増やした方が良いです!

例えば同じスピードで歩くAさんとBさんがいて、大阪から東京を目指し歩いた時、Aさんは週に1日、Bさんは週に7日歩くとするとBさんが7倍早く目的地の東京に着きますよね❗️

単純に感じられると思いますが筋トレも全く同じです☝️

理想のカラダ=目的地💡

目的地に最短で到着するためにたくさん歩くのと同じで、理想のカラダに最短でなるためにはたくさん筋トレをすればいいのです❗️

 

さて、本題に戻りましょう!

みなさんが一番気になるのは毎日筋トレしても筋肉はちゃんと成長するのかということですよね😎

ここからは毎日筋トレをしても大丈夫な理由についてご紹介します❗️

毎日筋トレしても分割法だから大丈夫!

分割法(スプリットトレーニング法)とはその名の通り全身の筋肉を分割し、部位をローテーションし数日に分けて全身を鍛える方法です!
筋肉の回復が効率的に行われます✨
例えば👇
月曜日:胸
水曜日:背筋
金曜日:脚
みたいな感じで部位を分けます💡

筋肉に使われる栄養の分配も部位を分けることで効率的になります✨

分割法(スプリットトレーニング法)については基本的な筋トレメニューの作り方として他の記事でもご紹介しています👇

筋トレ初心者が絶対に鍛えるべき3つの部位とは!?

成果の出る筋トレメニューを作るための4つの手順

筋トレ初心者にオススメな脚の筋トレメニュー5選

筋トレ初心者にオススメな胸筋の筋トレメニュー4選

筋トレ初心者にオススメな背筋の筋トレメニュー4選

筋トレ初心者にオススメな肩の筋トレメニュー4選

筋トレ初心者にオススメな腕の筋トレメニュー5選

腹筋の筋トレが効かない人集合!強烈に効かせる方法はこれだ

一度に全身を鍛えるのは非効率!?

ボディメイクで圧倒的に成果を出そうと思った時に一度に全身を鍛えるのはとても非効率です!

理由は2つ☝️

1.筋肉を追い込みきれない

例えば、1時間のトレーニング時間で全身を鍛えようとした場合に脚、胸、背中、肩の4部位それぞれに当てられる時間は15分、、、これではとても各部位を追い込み切ることは難しいです!

2.筋肉が回復する暇がない

仮に毎日全身を鍛えた場合ですが、筋肉が回復する暇がありません。
筋肉には休息が必要です!筋トレをどんなに頑張っていても休息の重要性を理解しなければ筋トレの効果は激減してしまします!
筋肉は筋トレで破壊されると超回復します!超回復というのは筋トレ後24~48時間の休息をとることで筋肉量が筋トレ前よりも増加することです!
筋肉は筋トレで破壊さると一度筋肉量が減ります。休息を取らず筋トレし続けるというのは極端な話、破壊し続けてるだけなんです💦
しっかり休憩をとって超回復させてあげましょう💪

ボディメイクで重要な4つの意識

1.筋トレ
2.食事
3.休息
4.タイムマネジメント
どれか一つでも意識が低いと成果を出すのは難しくなります!
筋トレを闇雲に頑張るのではなく以上4つのポイントを意識することでボディメイキングを加速させましょう!

本日ご紹介した分割法についての理解をさらに深めるためには解剖学の知識が必須です☝️
筋肉の構造を知ることで筋トレのクオリティは飛躍的に向上しますよ!

解剖学を理解すると筋トレが上手くなる!?

筋トレ上達するためには自分の筋肉について知ることは重要なことです☝️

普通に生活するだけでしたら筋肉について詳しくなくてもそこまで不便することはありませんが、
あなたがボディメイクをするのであれば話は変わってきます❗️

家を建てるのに大工さんが家の構造を理解していないのと同じです❗️
家に住むだけでしたら詳しい構造を知る必要はありませんが、
家を建てる大工さんが詳しい構造を知らないとマズいですよね☝️

ボディメイクも家を建てるのと同じで構造を詳しく理解できていないと
イメージ通りに作り上げるのは難しいのです😤

しかし、一般的な解剖学の本って筋肉以外にも骨や血管や神経についても
書いてあり複雑でめちゃ難しいんですよね😅

筋トレのクオリティを高めるだけでしたら鍛えるべ筋肉(骨格筋)さえ理解で
きれば十分なので私も愛読しているこの一冊がオススメです👇

この本はびっくりするほど理解しやすいです✨
何と言っても図説の人体が全て何かしらの筋トレ種目を行っているので
解剖学に苦手意識のある方でも必ず理解できますよ😎✨