筋トレ初心者にオススメな背筋の筋トレメニュー4選

筋トレ初心者にオススメな背筋の筋トレメニュー4選

こんにちは泰山です💪💪💪

背中って見えない部分なのでどうしても後回しになってしまいますよね❗️
そして気付いた頃には背中だけが💣ペラペラでバランスの悪いカラダ💣になってしまったなんてことに🙀💦

背中って筋肉がたくさんありますし、とても面積が広いのでどんな筋トレメニューをすればいいのかはじめはわからないですよね💦

そういった悩みをお持ちの方に向けて、今回はバランス良くかっこいい背中を作るための筋トレメニュー4つを収縮ポジション(注1)と伸展ポジション(注2)に分けて分かりやすく説明していきます💪

(注1:筋肉が縮んだ状態。注2:筋肉が伸びた状態。)

1.デッドリフト

👇デッドリフトで主に鍛えられる部位👇

『脊柱起立筋』

『広背筋』

☝️ポイント☝️

・収縮ポジションでは『肩を落として、胸を張る』

・伸展ポジションでは『骨盤を前傾させ、胸を張る』
※骨盤を前傾するというのは🍑プリケツ🍑にするということ👍

🚨注意点🚨

怪我の原因となるので絶対に腰は丸めない❗️

2.ベントオーバーローイング

👇ベントオーバーローイングで主に鍛えられる部位👇

『広背筋』

『僧帽筋』

☝️ポイント☝️

・収縮ポジションでは『胸を張り、バーベルを後方に引く』

・伸展ポジションでは『骨盤は前傾させたまま肩は落とし込む』

🚨注意点🚨

伸展ポジションでは腰が丸まりやすくなるので要注意❗️

3.ラットプルダウン

👇ラットプルダウンで主に鍛えられる部位👇

『広背筋』

『大円筋』

☝️ポイント☝️

・収縮ポジションでは『骨盤を前傾させ、肩を落としきり、胸を張る』

・伸展ポジションの際は『肩は上げるが、脱力しない』

🚨注意点🚨

肩はしっかり落とし込む❗️肩が上がったまま引っ張っても腕ばかり疲労して背筋に効かない❗️

4.シーテッドローイング

👇シーテッドローイングで主に鍛えられる部位👇

『広背筋』

『僧帽筋』

☝️ポイント☝️

・収縮ポジションでは『骨盤を前傾させ、胸を張って、肩甲骨を寄せる』

・伸展ポジションでは『骨盤は前傾させたまま、肩甲骨を広げ、肩を前に出す』

🚨注意点🚨

引っ張る時は腕ではなく肩甲骨を寄せて引っ張る❗️そうじゃないと腕ばかり疲れてしまう❗️

 

🌟以上の4つの種目をご紹介させていただきましたが、この4つの種目であなたの背中は必ず激変します❗️たくましい背中は男の象徴✨
是非、以上4種目を本気で練習してみてください😎

背中の筋トレの必須アイテム❗️

背中の筋トレをする時には絶対に必要なアイテムがあります❗️

それは👇

『パワーグリップ』

パワーグリップは握力を補助するためのアイテムです✨
背中の種目は基本的にバーやグリップを握り、引っ張るので背筋以外に前腕(握力)も疲労します。
パワーグリップを付けていないと背筋が疲労する前に前腕が疲労してしまい背筋を十分に追い込みきれません😵

このアイテムは絶っっっっ対に必要です‼️
無いと背中は鍛えられません(半分嘘です笑)
僕の場合、背中を鍛える日でもパワーグリップを忘れたら他の部位をするくらいです😅

ゴールドジム【GOLD’GYM】パワーグリッププロ

僕も愛用しているパワーグリップです❗️
分厚く広がりのある背中を作るにはマストアイテムですね😼
僕はMサイズを着用してます💪

 

実はゴールドジムのパワーグリップを作っているのはVERSA GURIPPSです❗️
なので機能はほぼ同じ✌️
魅力はカラーのラインナップが豊富なので個性を出せるというところですね✨
カモフラ柄などもあるのでおしゃれな方には嬉しいですね😼